就業規則社会保険労務士大阪無料相談
就業規則は野球に例えると抑えの切り札「守護神」です。
就業規則の作成・変更は、労務管理のプロ・大阪の社会保険労務士にお任せ下さい。


「会社の法律」
就業規則が会社を守る
就業規則作成・届出義務
意味のない就業規則
就業規則を労働基準監督署に届けてあればOK?
就業規則作成のメリット
判例に見る就業規則
みしま事務所だけの
4つの就業規則サービス
・・・・・・・・・・・・・・・・
専門家に全て任せたい会社様。費用も抑え、なおかつ専門家に相談もしたい会社様。できるだけ費用を抑えたい会社様、等々。多種のニーズにお応えできるサービスを取り揃えました。
◆「会社の法律」就業規則は会社を守る!

 よく就業規則は会社の法律と言われます。それはなぜか?
 就業規則には、会社で働くすべての労働者(もちろんパートタイマーやアルバイト、契約社員も含みます)の様々な労働条件など、例えば労働時間、休日、有給休暇、賃金、退職金について定めるとともに服務規律、解雇、懲戒、ということも定めます。
就業規則記載事項

 思い出して下さい。事件を起こし罪に問われる際に根拠となる「法律」があることを。
 民法第709条不法行為による賠償請求とか、日本国憲法90条公序良俗に反するとか、また刑法第○条に基づき○○に処するとか。すべて法律によって裁かれていますね。就業規則も同じです。問題社員に対し減給、出勤停止、懲戒解雇などの処分に処す場合、優秀な従業員を表彰する場合、私傷病により休職する場合、など根拠となる法律が必要になります。そしてその根拠となる法律は会社が自由に決められるのです(もちろん違法な部分は無効ですが)。従業員のモチベーションを喚起し、問題社員から会社を守るために、きちんとした就業規則が不可欠なのです。


大阪社会保険労務士就業規則ホーム大阪社会保険労務士就業規則問合せ大阪社会保険労務士就業規則相談大阪社会保険労務士就業規則依頼



就業規則 の売れ筋本
就業規則作成・変更は「みしま社会保険労務士行政書士事務所(大阪)」へ
Tel:06-4256-8617 Fax:06-4256-8627 info@office-mishima.com